MENU

事故の種類と自動車保険

 

事故の種類と自動車保険について紹介したいと思います。自動車保険というのはどんなときに保険金がおりるのかということを知っておいた方がいいですよね。自分がもらいたい補償というのは、どの種類の自動車保険に入ればいいのか知っておくのがポイントです。まずは他人に傷害を負わせてしまったり死亡させた時の自動車保険としては、自賠責保険と対人賠償保険がいいでしょう。そして他人の物に損害を与えてしまった時には、田尾物賠償保険がいいでしょう。もしも運転している人自身が傷害を負ったり死亡したときには、自損事故保険や搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険、無保険者傷害保険といった種類の自動車保険がいいといわれています。自分が持っている自動車が損害を受けてしまった時には、車両保険がいいですし、他の人の自動車を自分が運転していた時に事故を起こしてしまった時には、ドライバー保険という自動車保険に加入していると安心です。他にも、他車運転危険担保特約という特約が自動車保険についていることがありますから、自動車保険に加入する際に保険会社に確認してみるといいのではないでしょうか。意外と人の車やレンタカーを借りていた時の事故というのは多いようですから気を付けた方がいいでしょう。

自動車の保険の三井ダイレクト

自動車保険の三井ダイレクトについて紹介したいと思います。自動車保険の三井ダイレクトは、充実した補償内容と納得する保険料がうりの自動車保険です。賠償保険や傷害保険、車両保険がとても充実していて補償も保険料も納得できる価格なんだそうです。しかもインターネットから自動車保険の契約をした場合には、最大で4500円も割引してもらえますからうれしいですよね。そして気になるのが事故対応サービスですが、自動車保険の三井ダイレクトなら24時間365日対応してくれますから安心です。対応するスタッフは経験が豊富な専任のスタッフです。初期対応から最後の解決に至るまで専任のスタッフが対応してくれるというのもうれしいですよね。

 

そして自動車保険の三井ダイレクトのサポート体制についてですが、ロードサービスも充実していますし、全国にネットワーク体制も十分に整っているそうです。またコールセンターの対応も丁寧ですから安心して任せることができるようです。指定修理工場も全国にたくさん展開されていますからその点から考えても安心ですよね。自動車保険の三井ダイレクトは24時間契約をすることができますからインターネットから見積もりや申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

自動車の保険の運転者限定と年齢限定

自動車保険には、運転者の範囲を限定すると自動車保険料が割引になることがあります。まず、補償する人の運転者の範囲を限定すれば保険料は割り引かれます。この限定にはいろいろな種類がありますから紹介したいと思います。まずは運転者本人限定の自動車保険は、契約している本人しか運転しないときの自動車保険の範囲限定です。そして夫婦限定というのもあります。こちらは運転する人の範囲は運転者の本人と配偶者だけと限定しているものです。そして家族限定というのは、同居している家族と、別居している未婚の子供の場合には、自動車保険の家族限定が適応です。たとえば結婚している子供が帰省した時に実家の車を運転するなら家族限定はつけない方がいいでしょう。

 

それから年齢限定というのもあるのですが年齢限定の自動車保険の場合には、21歳未満不担保という21歳以上の人だけに補償が付く自動車保険から始まって、26歳不担保、30歳不担保というものがあります。そして全年齢担保というのがあり一番自動車保険料が高いのが、全年齢担保で、一番自動車保険料が安くなるのは、30歳未満不担保になります。年齢によって自動車保険の割引率が変わってきます。もしも限定している人以外の年齢の人が運転をしたときには、補償が適応されません。